本文へスキップ
ミキコ行政書士事務所              行政書士 鈴木 三樹子
                                              〒189-0003 東京都東村山市久米川町-17-41
                                         電話:042−313−0211

業務の流れ※こちらは、モデルケースです。業務内容・緊急性により変わってきます。

相続・離婚・労働・ペットトラブルのご相談が増えております。

活動報告写真

@お問い合わせ・ご相談
A打ち合わせ
(当事務所又は、依頼主様のご指定の場所(別途交通費がかかる場合があります。)
Bお見積りの提示
C正式業務受託(着手金をいただく場合もございます。)
D業務を遂行
E業務終了。
(業務終了後、報酬をお支払いいただきます。)
※振込手数料は、依頼主様のご負担となります。


相続の流れ

活動報告写真

●被相続人の死亡・・・・・相続が開始
@遺言書の有無の確認
※封印のある自筆遺言証書・秘密遺言証書は、家庭裁判所の検認が必要です。
A相続人の確認
B相続財産の調査(積極・消極)の確認
C単純承認・限定承認・相続放棄をするか否かを決定する。
※限定承認・相続放棄をする場合相続があったことを知った後3か月以内に家庭裁判所に申述する必要がある。)

相続人間において、法定相続でなく相続人間で相続分を決める場合

●遺産分割協議を行い、遺産分割協議書を作成

●準確定申告(相続開始了知後4か月以内)

●遺産の分配・名義変更(不動産・動産・預貯金・有価証券など)をする

●相続税の申告・納税(相続開始了知後10か月以内)です。

相続手続きは専門家にご相談ください。

離婚

活動報告写真

離婚協議書を作成しておきましょう!
あとあと、泣くことのないように、離婚協議書は公正証書にしましょう。
お互いが、離婚に同意している協議離婚の場合でも離婚協議書の作成は必要です。
※特にお子さんの教育費など支払いが長期に及ぶ場合には、特に注意が必要です。




●離婚協議で決めておくこと

■未成年のお子さんがいる場合の親権
■養育費(支払額や支払期間)
■お子さんとの面会交流(面接交渉権)・・・・お子さんの権利です。
■養育費の支払い側が再婚した場合、支払額の増減について
■財産分与や慰謝料の支払い
■妻が無職の場合などの当面の生活費の保護
■年金分割をする場合の取り決め・・・・・などです。

※離婚協議の際にお二人の間で「合意書」という形で書面にされるのも有効では、ありますが…
やはり離婚協議書をきちんと作成し、「強制執行認諾文言付公正証書」にされることをお勧めします。
そうしておけば、もし教育費が滞っても、いざというときにはすぐに相手の給料の一部などを差し押さえる手続きにも入れますし、相手の側にもより強い責任感を抱かせることもできます。

活動報告写真

専門家の相談しましょう
日常生活において、私たちの周りには、様々なトラブルの種が落ちています。
離婚・親子間、男女間、職場でのトラブルなど・・・・

ミキコ行政書士事務所があなたと共に考え解決へと導くサポートをさせていただきます。当事務所では、起きてしまったトラブルを解決するだけでなくトラブルの芽が出る前に摘み取れるよう適切な対策をすることにより、あなたの平穏な日常生活を守る予防法務の立場からもサポートしていきたいと思っております。

●養育費請求のための内容証明
●不当解雇に対する内容証明
●配偶者の不倫相手への慰謝料請求のための内容証明
●合意書・誓約書の作成
●会社設立サポート
●金銭の賃貸借契約書
●雇用契約書など

上記にない業務もご相談ください。
※書類作成のみでしたら全国対応させていただきます。


ミキコ行政書士事務所

〒189-0003
東京都東村山市久米川町3-17-41

TEL 042−313−0211